物件の売り方

収益物件の買取をやってくれるのは不動産会社。物件を買い取ってくれるというところもありますし、物件の買手との間を取り持ってくれるという会社もあります。
前者の場合には、物件は直接、不動産会社に引き取られていきます。そのとき、あなたは売却額のお金を手にすることが出来ます。その一方、後者の場合には買手がある話で、最終的にお金を手にするまでには直接買取をしてもらうときと比べると、少しばかり時間がかかることになります。つまりその物件の買手が見つかって、買手に買い取ってもらうときに初めて利益を得ることが出来るわけです。後者の場合、不動産会社はさまざまなところで広告をうち、買手を見つけてくれます。インターネット上のHPとか、チラシとか、店頭広告とか。

とはいえ、基本的な売買のやり方自体は決まっています。始まりは査定です。

不動産会社と、収益物件を持っているオーナーとの間には、契約が結ばれることになります。上の段に書いた2つの不動産会社のうち、後者にあたるところとオーナーとの間に、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約という3種類のものの中からひとつが選ばれ、結ばれるという流れになっています。この契約が結ばれることによって、不動産会社は収益物件の売手となるオーナーと、広告を見て名乗り出ることになる買手とを引き合わせ、仲介手数料を取るということになっています。
専属専任媒介契約を結んだ場合には、売手はその不動産会社以外とは買取の手続きをしてはいけません。
専任媒介契約の場合には、その不動産1社としか契約を結ぶことは出来ませんが、ただし、売手自身が買手を見つけることは出来ます。
一般媒介契約の場合には、不動産会社を1社に絞らなければならないという決まりはなく、いくつかの不動産会社に依頼して買手を探してもらうことが出来ます。
どんなふうに不動産買取をしてもらいたいかということを考え、選びましょう。