家の形の型

物件の売り方

収益物件となっているアパートやマンションを買取してもらう方法について、基本的なことを押さえておきましょう。ここで登場するのは物件売買を手がける不動産会社、売手と買手の間に立って仲介してくれます。

この記事の続きを読む

不動産会社による査定

収益物件の買取で一番大切なのは、不動産会社による物件の査定です。その価値を正しく判断し、いくらで売れるのか値段をつけるというのが査定であり、それには不動産業界ならではの基準があります。

この記事の続きを読む

不動産会社の選び方

収益物件の買取をしてくれる不動産会社の選び方について、知っておきましょう。これまでに不動産売買を手がけてきた実績などをもとに、しっかりとした買取をしてくれる会社を選ばなければいけないのです。

この記事の続きを読む

収益物件とは?

街に出てみるといろんな建物が建っているのが分かりますが、その中に、収益物件と呼ばれているものがあります。
さまざまな物件の中でも、アパートやマンションのような物がそれにあたります。収益物件とは、簡単に言えばそれを所有している人に利益をもたらす物件のこと。
オーナーとして物件を所有し、アパートやマンションを借りている人からのお家賃を収入として得る、このときのお家賃が「利益」となります。
良い収益物件とは、言うまでもなくお家賃を高く設定することが出来る物件で、建物の管理をしているだけで毎月安定的な収入があるということで、「資産運用」の中でも特に安定的で、成功したときには高い利益を得ることが出来るものだとされています。収益物件とは、不動産投資のときに登場する物件のことを言うわけです。

ところで、不動産投資が成功しているときは良いのですが、そうでないときには、収益物件は一転してオーナーとなる人とっては重荷となるものです。
たとえば所有しているアパートの部屋が1階4部屋で5階建ての20戸あるうち、15戸が空室であれば、その収益物件はあまり高利益を生まない物件であるということになります。
月々得る利益よりも、むしろ管理費のほうが大きくなってしまい、持っていることで損をしてしまうということにもなりかねないわけです。

そんなとき、オーナーとしてなすべきことは、空室に人を入れるための集客対策。あるいは、その収益物件を買取してもらうということなのです。
不動産の売買を行う不動産会社が、収益物件の買取も行ってくれます。収益物件の買取は、不動産投資をしっかりと終わらせるためのものでもあります。良い不動産会社を見つけ、高い値で買い取ってもらって、不動産投資の有終の美をかざりましょう。