【情報共有が手軽】グループウェアクラウドを使う利点を紹介

アプリケーション

利用している企業も多い

pcを使って気軽に会話などができるチャットアプリを会社内で使用している、という企業は年々増えてきています。むしろそれが当たり前のようになっています。気軽に仕事の依頼をすることができたりと、お互いの仕事のペースを乱すことがないのでとても便利です。

詳しく見る

ネットワーク

情報共有で業務効率アップ

グループウェアは、メールやスケジュール、顧客情報管理など、情報を管理して共有するさまざまな機能が搭載されています。社内で情報を共有することで、業務の効率アップや顧客への迅速な対応ができることが期待できます。昨今のグループウェアはほとんどがクラウドに対応しているので、外出先からでも簡単に利用できます。

詳しく見る

チャット

業務効率改善に

働き方改革で業務の効率改善を考えている場合も多いと思います。そんな時は、チャットアプリツールの導入を考えてみるのも良い方法です。pcさえあれば使用可能ですから、会議の代わりに活用することによって効率改善を図る事が可能です。

詳しく見る

ネット

便利にコミュニケーション

社員間での情報共有やコミニケーション強化を図りたい場合には、インターネット環境さえあればどこでも使えるクラウド型のグループウェアの導入が便利です。お試し期間もありますので、ぜひ導入して使い勝手を試してみることをお勧めします。

詳しく見る

チャット

運用ルールを設けること

会社でチャットアプリを利用することは、業務効率化や情報共有化に繋がるため有用ですが、運用ルールをしっかり構えなければいけません。グループ名や参加メンバーのルールを取り決め、pcやスマホに通知する時間帯は業務時間帯だけに留まるようにしてください。

詳しく見る

社内間の連絡ツール

PC

ネット上で提供される利点

社内間の情報を共有したり連絡するためのツールがグループウェアです。グループウェアを導入することでコンピューターが接続しているネットワークを活用し、あらゆる情報の共有化が可能です。またグループウェアにはこれまで連絡手段として使っていた個々のツールをひとつにまとめたもので、これらを利用することで効率よく作業を行うことができます。グループウェアに内包されるツールとしては、電子メールや電子掲示板のほかチャット機能、WEB会議、ファイルの共有、スケジュール管理、名刺などの情報管理などがあります。またそれぞれのユーザーに属性を設けることによって特定の情報にアクセスできないようにするといったことも可能で、情報管理をするといった面においてもメリットがあります。一方でグループウェアはそれぞれのパソコンやスマートフォンにインストールするといったものは少なくなり、現代ではクラウドによって提供されています。クラウドとはインターネット上にあるサーバーでサービスを提供するものです。このさいにクラウドのグループウェアにアクセスする場合にはインターネットブラウザを通じて行うため使用する端末が対応しているブラウザを利用できれば機種やOSに関係なくグループウェアに参加できるメリットがあります。またクラウドのメリットは、インターネット上のサーバーで提供されるのですぐに導入することが可能ですし、提供する業者はアクセスを監視し、また情報のバックアップなども行ってくれるので独自にグループウェアを導入するよりもセキュリティ面においても強みがあります。

Copyright© 2017 【情報共有が手軽】グループウェアクラウドを使う利点を紹介 All Rights Reserved.